おすすめ記事
【即効性あり】試験前におすすめの集中力を上げる食べ物&飲み物|直前にコンビニでも買える!

何ヶ月も試験に向けて頑張ってきて、いよいよ試験本番というとき、少しでも試験中の集中力を上げて良い結果を出したいと思いますよね。

本記事では一時的に集中力が求められる場面でおすすめの、集中力アップに即効性のある食べ物や飲み物を紹介します。

合わせて読みたい

⇨【集中力を下げる"食べてはいけない"もの7選
【コンビニでも買える集中力を高める食べ物7選】

水:水分不足は集中力悪化に直結

一番に気を付けたいのは水分不足です。

脳の80%は水分とされており、体から2%の水分が失われてしまうと著しく集中力が下がったという研究も出ています。

2013年のイースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究では、頭を使う作業に入る前に500mlの水を飲んだ人と飲まなかった人とでは、反応時間が14%も早くなったという結果が出ています。

(出典:Subjective thirst moderates changes in speed of responding associated with water consumption

制限時間内に問題をスピーディーに問いていく必要なある場面では水分不足は命取りです。

またのどが渇いたと感じていなくとも、一口分の水(約30ml)を20分おきにこまめに取ることで、注意力や記憶力が上がったという実験もあります。

(出典:Dose-response effects of water supplementation on cognitive performance and mood in children and adults

もし試験中にペットボトルの水などを飲むことが許されている場合は、机の上に水をおいておきましょう。

ただし、飲みすぎするとトイレに行きたくなってしまうので、飲むのは一口分で大丈夫です。

⇨【水と集中力の関係についてはこちら

コーヒー:カフェインは集中力アップの王道

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があるため、一時的に集中力を上げたいという場面にはうってつけです。

およそ20〜30分後に効果が出てくるので、試験時間もそれと合わせてとるのが理想的です。

コーヒーでなくともカフェインの錠剤でも同じように効果はありますので、コーヒーが苦手な方はこちらもおすすめです。

錠剤のタイプは1粒200mgとコンビニコーヒーSサイズ分2杯に相当し、200mgは多いという方は半分に簡単に折ることができるので、半錠の摂取で大丈夫です

チョコレート:ダークチョコレートに限る

チョコレートにはカカオポリフェノールテオブロミン、カフェインが含まれ、集中力を上げる効果が期待できます。

カカオポリフェノールには、BDNFという脳の活動を支えるタンパク質の一種を増やす可能性があることが、「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」で明らかになっています。
(株式会社明治、愛知県蒲郡市、愛知学院大学との産学官共同研究)

テオブロミンはカカオに含まれる苦味成分でカフェインに似た作用があります。
カフェインと比べると効果が穏やかなため、興奮作用も少ないのが特徴です。

血管や気管支の拡張作用もあるとされ、血管を弛緩させ、血流が増すことで脳の活性化も期待できます。

これらはカカオポリフェノールやテオブロミンはカカオの含有量が多いほど含まれているので、チョコレートを選ぶ際はダークチョコレート一択です。

市販だとカレ・ド・ショコラチョコレート効果の数字の高いものがいいでしょう

砂糖がたくさん使われている甘いチョコレートだと集中力を害す可能性があるので注意しましょう

⇨【チョコレートについて詳しくはこちら

バナナ:素早いエネルギー摂取が可能

脳のエネルギーはブドウ糖ですが、バナナはその補給として優秀な食べ物です。

吸収が早いうえに胃腸への負担が少なく、さまざまな種類の糖質が含まれているため血糖値の上昇も穏やかです。

持ち運びやすいこともあり、試験前に小腹がすいていたときなどに最適です。

⇨【バナナについて詳しくはこちら

ガム:20分間集中力が上がる

ガムを噛むと最初の20分間、集中力を上げることができます。

出典:The Cognitive Benefits Of Chewing Gum

普通に勉強しているときの20分と試験中の20分は重みが違います。
命運がかかっている場面での20分で集中力をアップさせることができるなら、積極的に試してみる価値があります。

※もちろんガムを噛むことが許されている場合に限ります。

⇨【ガムについて詳しくはこちら

おわりに

試験中にいかに集中力を高く保つかについて、食べ物や飲み物を紹介しながらお伝えしてきました。

どれも研究の裏付けのあるものですが、合う合わないは人によってありますので、試験前の模試で試してみるなど、どれが自分に一番合うかを事前に知っておけるとなお良いでしょう。

おすすめの記事